センター長挨拶

麻生稔彦センター長

 健全かつ活発な社会活動・経済活動を維持するためには、社会基盤施設(インフラ)の効率的な運用と、安全確保のための維持管理が必要不可欠です。高度経済成長期に集中的に整備された社会基盤施設の老朽化が進む現在にあっては、公共投資を取り巻く環境の厳しさとあいまって、社会資本の長寿命化を実現するための要素技術の開発と、技術者の育成が急務となっています。特に地方においては、適切な技術力を有し地域の社会インフラの維持管理に資することができる技術者の不足が深刻な問題となっています。このような背景から山口大学では平成26年度から文部科学省「成長分野等における中核的専門人材養成等の戦略的推進」事業において「インフラ再生技術者育成のための地域ニーズを反映した学び直しカリキュラムの開発」を展開してきました。このたび、この活動をベースとして、技術開発および人材育成を通じて知の拠点たる地方基幹大学として地域に貢献することを目的として、平成29年11月に工学部附属社会基盤マネジメント教育研究センターが発足いたしました。

 社会基盤マネジメント教育研究センターは、社会基盤の効率的な運用および点検・診断と長寿命化に関する研究を実施している教員により構成されております。本センターでは個々の教員による研究推進のお手伝いをするとともに、研究成果の社会への還元を図っていきたいと考えています。また、従来の「社会基盤メンテナンスエキスパート山口(ME山口)」の養成事業は本センターに引き継がれます。社会基盤メンテナンスエキスパート山口は国土交通省の登録資格(鋼橋、コンクリート橋、トンネルの点検および診断)となっており、従前にも増して技術者教育の充実を図る所存です。これらの成果をもとに、地元の管理者や民間業者との連携を深め、将来的には、インフラメンテナンスに関する大学病院機能を持つセンターとしたいと考えています。

 社会基盤マネジメント教育研究センターは単に大学のみならず、地域の産官学が三位一体となった協働により、その機能を発揮するものです。今後とも、本センター設置の主旨にご理解をいただき、活動にご支援を賜われれば幸甚に存じます。

背景

 安心安全で活力ある社会生活を持続するためには、社会基盤施設(インフラ)はなくてはならない。しかし、我が国のインフラには高度経済成長期に建設されたものが多くあり、急速に老朽化が進んでいる。日本の橋梁の 70%を占める市町村が管理する橋梁では、通行止めや 車両重量等の通行規制が約 2,000 箇所に及び、その箇所数はこの 5 年間で 2 倍と増加し続けている。

 このような状況のもと国、地方公共団体、高速道路会社等の管理者を問わず、インフラの適切な維持管理と長寿命化が喫緊の課題となっている。しかし、十分な財源や人材が確保されているとは言い難く、地方公共団体、特に市町村ではこの問題がより深刻である。この問題を解決するために、構造物ごとの点検・診断の高度化・自動化が可能となる技術の開発並びに、地域の特性を理解した上でインフラの維持管理に従事できる技術者の養成が急務である。

センターの目的とミッション

上述の社会的背景を踏まえ、社会基盤マネジメント研究教育センターは技術開発および人材育成を通じ、知の拠点たる地方基幹大学として地域に貢献することを目的とする。この目的を達成するために、以下の事項をセンターのミッションとする。


①インフラの点検・診断と長寿命化に資する技術の研究開発およびインフラの効率的運用に関するマネジメント技術の研究開発

②安心安全な社会を下支えし地域のインフラ再生を担う人材の教育

③自治体や産業界と連携した安心安全社会の確保と地域産業の創出・振興

PAGE TOP